一軒家を買ってみて思った事

去年の夏、念願のマイホームをゲットした。私もちょっと出したけど旦那がたくさん頑張ってくれたおかげで買えたのだ。
実家も一軒家なのに、自分で家を買ってみて初めて分かった事がある。
それは、一軒家も車と同じように買ってからもお金がかかるものだと思った。
例えば我が家は山の近くにあるからか虫が結構いてそれを除去しようと思い、除去剤を家の外中にまいた。
その除去剤も1回で1000円くらいだが定期的にやらなくてはいけないので一体これからいくら使うのだろうと頭の中で計算してしまった。
それに庭もだ。買った時の庭というのはただの土状態。
それをきれいにするためにはこれから気を植えたり花や野菜の種をまいて自分の思い通りにしていくしかない。
ただそれも一体どのくらいかかるのか…。ローンも払い終わらない内に怖くて手が出せない。
とはいえ一軒家になって自由になった気がする。
やはりマンションやアパート暮らしの時は他の人に迷惑がかからないように大声を出したりできなかったし掃除の時間も考える。
それが今は音も大して響かないので全然気にせずに暮らせるというのは気持ちがイイ。
それにやっと夢がかなったというのが私達夫婦にとって達成感のようなものが得られて良かった。

私が一人暮らしを始める時、立地や間取り、利便性を優先して部屋を決めましたが、住んでみて初めて気づいたことがたくさんあります。
隣の家の会話がまる聞こえであること。これには随分悩まされました。隣の家には幼稚園くらいのお子さんがいて、毎日のように母親が子供を怒鳴りつける声が聞こえるのです。泣き喚く子供の声。朝その声で起こされることもありました。生まれて間もない子供なら、夜泣きでこちらも寝れなかったでしょう。壁の厚さは快適に暮らすのに重要だと感じました。
上階であっても夜は外の声が響くこと。飲み屋街が近くにあるので夜は酔っぱらいの声がかなり聞こえます。年末年始や飲み会シーズンなどは朝方までうるさいです。
窓を一箇所あけておくだけですべての部屋の風通しがいい間取りであること。夏はとても涼しく冷房いらずの間取りでした。
やっぱり南向きがいい。私の家は東向きで、決める前は方角は気にしていませんでしたが、実際住んでみると、午前中しか日が差さないことがわかりました。布団を干すのも日光をあびる時間はあっという間です。
これらの中には口コミや不動産業者さんから事前にわかる情報もあると思います。引っ越す時は、快適に暮らすためにこんな細かいことも知った上で検討したいと思います。

おすすめサイト

工場派遣で仕事をするなら:グッジョブナビ
ライト通販はこちら:エンジョイホーム
不動産の担保ローンをお考えなら:リュウプランニング
日本ソフトウェアデザイン株式会社
大型車の運転をしたいなら:免許Z

サブコンテンツ